[ Mautic ] Mauticで指定のIPアドレスからデバックツールバーを表示する

[ Mautic ] Mauticで指定のIPアドレスからデバックツールバーを表示する

はじめに

 
昨日に続き、Mautic Advent Calendar 2016 の7日目を担当します、Kohsaku Saitoです。
 
Mautic v2.3 がリリースされてから数日経ちますが、デバッグしてますか?(某 警備会社CM風)
普段はローカルPC内にある Mautic でいろいろと触っているのですが、外部サーバにある Mautic 検証環境上でデバックツールバーを表示する機会があったので、メモ的な感じで残しておきたいと思います。
 

デバックツールバーの表示方法

 
MauticをローカルPCにインストールした場合、以下のURLにアクセスすると、デバックツールバーが表示します。

http://localhost/index_dev.php
 
mauic-debugtoolbar-1
 

ローカルホスト以外のIP許可設定

 
以下の対象ファイル内にある ${許可したいIPアドレス} 部分に、LAN内であれば、アクセスしたいPCのローカルIPアドレスを。
社内から外のMauticサーバであれば、会社のグローバル固定IPなんかを許可指定にしておきます。

# cd ${Mautic_Root}
# cp -ip app/middlewares/Dev/IpRestrictMiddleware.php app/middlewares/Dev/.IpRestrictMiddleware.php.org
#
# vim app/middlewares/Dev/IpRestrictMiddleware.php
#
# diff -U0 ./app/middlewares/Dev/.IpRestrictMiddleware.php.org ./app/middlewares/Dev/IpRestrictMiddleware.php
--- ./app/middlewares/Dev/.IpRestrictMiddleware.php.org 2016-11-30 01:02:53.000000000 +0000
+++ ./app/middlewares/Dev/IpRestrictMiddleware.php      2016-12-01 06:06:21.500701524 +0000
@@ -44 +44 @@
-        $this->allowedIps = ['127.0.0.1', 'fe80::1', '::1'];
+        $this->allowedIps = ['127.0.0.1', '${許可したいIPアドレス}', 'fe80::1', '::1'];

※ AWS等のサービスにあるセキュリティグループでIP制限している場合は適宜、調整が必要

設定が終わったら、アクセスしてみて、デバックツールバーが表示していれば完了です。
 

まとめ

 
備忘録的な内容となりましたが、いかがでしたでしょうか。
本エントリがみなさんの参考になれば幸いです。

それでは素敵なMauticライフを!
明日は @katzueno さんです。よろしくお願いします!!
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestShare on Tumblr