[ REDMINE ] Redmineのメジャーバージョンアップ(SVN版)

[ REDMINE ] Redmineのメジャーバージョンアップ(SVN版)

はじめに

先日、Redmine3.0がリリースされました。
弊社で利用しているバージョンが2.4だった為、この際3.0にメジャーバージョンアップしてみたいと思います。

サービスの停止・コンテンツのバックアップ

Webサーバを一旦停止しておきます。

# apachectl stop

念の為、データベースとRedmineのディレクトリをバックアップをしておきます。

# mysqldump -u${RedmineUser} -p ${RedmineDataBase} /var/tmp/${RedmineDataBase}.`date +%Y%m%d`.dump
# cp -iRp ${RedmineDirectory} ${RedmineDirectory}.`date +%Y%m%d`

Redmineのバージョンアップ

バージョンアップ前の以下です。

# cd ${RedmineDirectory}
# svn info
Path: .
URL: https://svn.redmine.org/redmine/branches/2.5-stable
Repository Root: https://svn.redmine.org/redmine
Repository UUID: e93f8b46-1217-0410-a6f0-8f06a7374b81
Revision: 14044
Node Kind: directory
Schedule: normal
Last Changed Author: jplang
Last Changed Rev: 13470
Last Changed Date: 2014-10-22 03:56:25 +0900 (Wed, 22 Oct 2014)

Redmine 2.5 から 3.0 へバージョンアップするため、リポジトリを切替えて、コンテンツがアップデートされます。

# svn switch https://svn.redmine.org/redmine/branches/3.0-stable
# svn info
Path: .
URL: https://svn.redmine.org/redmine/branches/3.0-stable
Repository Root: https://svn.redmine.org/redmine
Repository UUID: e93f8b46-1217-0410-a6f0-8f06a7374b81
Revision: 14100
Node Kind: directory
Schedule: normal
Last Changed Author: marutosijp
Last Changed Rev: 14100
Last Changed Date: 2015-03-15 01:50:00 +0900 (Sun, 15 Mar 2015)

リポジトリが切り替わったのを確認し、gem関連のパッケージアップデートとデータベース更新などの処理をします。

# bundle update
# bundle exec rake db:migrate RAILS_ENV=“production”
# bundle exec rake redmine:plugins:migrate RAILS_ENV="production"
# bundle exec rake tmp:cache:clear
# bundle exec rake tmp:sessions:clear

Webサーバ(本環境はApache)を起動し、ブラウザでRedmineにアクセスしてみます。

# apachectl start

Pssengerエラーや、簡単に操作してエラーがなけらば本対応は完了となります。

redmine-=

※Themeをデフォルトから変更しているため、画面デザインはデフォルト設定と異なっております。

まとめ

Redmineのバージョンアップを久々に行いました。
以前はtar.gz形式を利用していたのですが、SVN形式を利用すると svn update などでアップデートがしやすくなるメリットがあります。
メジャーバージョンが変わったらリポジトリ変更で移行も簡単に実施できるようになります。


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Google+Email this to someoneBuffer this page