[ YAMAHA RTX ] RTX1200に設定しているコンフィグをUSBバックアップする

[ YAMAHA RTX ] RTX1200に設定しているコンフィグをUSBバックアップする

はじめに

YAMAHA製のルータ RTX1200 に関するTips情報です。
RTX1200 は主に中小規模企業・拠点向けのビジネス用ルータです。

ネットワーク機器 – ヤマハ株式会社

ルータでは RTXシリーズの他、NVR500 やWiFiアクセスポイントでは WLXシリーズなど、中小規模ネットワークではよく導入されているネットワーク製品です。
YAMAHAネットワーク機材で統一すると、LANマップ機能により、ネットワーク構成が可視化できるので、構成把握するにはとても便利な機能がついています。

今回は、RTX1200に設定しているコンフィグをUSBバックアップを行い、何かトラブルがあった時に、設定をすぐ戻せるようコンフィグをUSBにバックアップしてみます。

現時点の設定内容を確認

まずは、RTX1200 にコンソール経由でログインし、現時点の設定内容を確認します。

rtx1200> administrator
Password: ********
rtx1200# show config list
No.   Date       Time     Size    Sects   Comment
----- ---------- -------- ------- ------- ------------------------------------
* 0   2016/04/22 16:25:11    6530 126/126 maintenance #1001
  0.1 2016/04/22 16:24:16    6530 124/124 maintenance #1000
  0.2 2015/05/15 14:56:59    6530 125/125 maintenance #999
  3   2014/12/06 12:41:52    5297 123/123 maintenance #998
----- ---------- -------- ------- ------- ------------------------------------

rtx1200# show config

* 0 2016/04/22 16:25:11 が現在反映されている設定となります。

USBへ設定内容をバックアップ

それでは本題に入ります。
先ほどの show config list コマンドで表示されている No.0 をaes256暗号化とリストア時のパスワードを設定でUSBバックアップします。

尚、暗号化しない場合は aes256 オプションを外すことで、平文で保存されます。

rtx1200# copy config 0 usb1:/config.rtfg aes256 PASSWORD

以上でバックアップ完了です。

USBから設定内容をリストア

USBバックアップした設定ファイルをリストアする場合、以下の手順で進めます。

RTX1200の電源OFF
バックアップファイルが入っているUSBを挿入
RTX1200の電源ON
コンソール画面で以下のコマンドを実行

rtx1200# show config list
rtx1200# save 0 "Any Comments"
rtx1200# show config list

リストア作業は終了です。USBボタンを2秒間押し続けてからUSBを取り外します。

まとめ

今回は RTX1200 の設定をUSBバックアップする方法をお伝えしました。
ルータのトラブルが起きた時、USB経由で設定ファイルを反映させれば、復旧時間も早くなります。
また、gitなどのバージョン管理を組み合わせることで変更履歴が追いやすいので、プロバイダの接続情報を外すなどすれば、プライベートリポジトリでの管理するのも良いかもしれません。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Google+Email this to someoneBuffer this page