[ レポート ] Mautic Meetup Tokyo #5 – Meet David Hurley and the Future of Marketing – に参加しました

[ レポート ] Mautic Meetup Tokyo #5 – Meet David Hurley and the Future of Marketing – に参加しました

はじめに

オープンソース唯一のマーケティングオートメーションツール 「Mautic」 の Meetup Tokyo #5 – Meet David Hurley and the Future of Marketing – を 9/21 に開催しました。
現在は、日本のコミュニティで Mautic Community Japan があり、開発元公認である東京の Mautic Meetup Tokyo と名古屋にある Mautic Meetup Nagoya と札幌にあるMautic Meetup Sapporoがあります。

今回はMauticのファウンダーである、David Hurley(デイヴィッド・ハーレー)氏が来日し、Mauticについてお話していただきました。
会場は新宿イーストサイドスクエアにある、NHNテコラス株式会社様の会場をお借りして開催されました。

mautic-meetup-tokyo-5
 

ミートアップのご紹介 – welcome to mautic meetup tokyo –

 
東京オーガナイザーである菱川さんから、開催趣旨・mauticの日本コミュニティについての紹介をいただきました。
登壇者も募集中との事です。

mautic-meetup-tokyo-5-hissy

[session] mautic 最新情報 (recent updates of mautic)

 

続いて、菱川さんの方から9月時点でのmautic最新情報について、先日リリースされたバージョン2.1.0についてのアップデート内容をご紹介いただきました。

[lightning talk] open source conference 2016 enterprise 出展報告

 

西川さんの方からは9月1日に開催された、オープンソースカンファレンス2016エンタープライズと、open cloud innovation festa 2016への出展報告と、mautic検討ユーザー向けサイト try mautic について、ご紹介いただきました。
他、チャットボットとmauticを連携したデモを発表していただきました、会話内で表示されたurlをクリックすると、mauticのポイントとして付与されるというデモでした。

[lightning talk] 僕達の大好きなmautic – we love mautic –

 

私の方からは、札幌meetupの活動状況のご報告と、正式な日本語名称は マウティック となったご報告。
mauticのマスコットキャラクターである mautibot(マウティボット) のご紹介をしました。

ちなみに会場の各テーブルには、Mauticのロゴとマウティボットのシールが配られておりました。

mautic-meetup-tokyo-5-mautibot

[keynote] mauticとマーケティングの未来 – the future of mautic & marketing –

mautic-meetup-tokyo-5-david

はじめに、David Hurley氏のご自身についてお話いただきました。
 
小さい頃から読書が好きで、たくさん本を読み、ものすごいスピードで速読ができるとの事。(妻が3週間かかる本を私は1時間半くらいで読む。)
なかでも、好きな本はFrank B. Gilbreth, Jr.著「1ダースなら安くなる / Cheaper by the Dozen」から影響を受けており、レンガ積みをいかに効率よく終わる事ができる方法を発見したり、シャツのボタンを上から下に止めるより下から上に止めたほうが2秒短縮ができる等、効率を追求する姿勢は今後の人生に大きな影響を与えてくれた。
 
10年前、多くのクライアントがいて、多くの時間働いていたが、幸せというわけではありませんでした。
他に何か出来ることはないかと模索しているなかで、自分の時間の使い方について振り返った時、オープンソースに多くの時間を費やしていて、オープンソースで成長してきた事に気づいた。
 
David氏のこれまでの経験から、「時間はとても貴重」であり、時間を効率的に使いたいと思っていた。
 
私の普段の仕事はオープンソースのソリューションを提供していましたが、常に私のクライアントは既ににあるソフトウェアに苦しめられてた。
特にマーケティングソフトウェアについて、「一番の苦情は、ソフトがすごく高価で操作が難しかったことです」

このランドスケープにあるこれらのロゴの全てはマーケティングソフトウェアツールです。
マーケティングの専門家がこのランドスケープ上に毎年追加しており、毎年このランドスケープが大きくなっている。

これまでのマーケティングソフトウェア郡は高価・複雑・クローズな製品ばかりがありすぎる中で、誰が効率的に使いこなすことはできるでしょうか?

marketing_technology_landscape_2016_3000px-compressor

使えませんよね。
 
ではオープンソース製のマーケティングソフトウェアを見たときは何もなく、やるべきことは明確だったので、何人かのエンジニアに声を掛け、オープンソースで複雑なこのランドスケープを変えていこうと伝えた。
こうして Mauticのプロジェクトはスタートし、長い月日を掛けてオープンソース製のマーケティングプラットソフトウェアとしてリリースしました。

これらの共通理念にフォーカスしたコミュニティの集まりは、とてつもない力です。
Mauticを作ることになった一番のバックボーンです。

スライドを作っている時は45言語だったのが、今では52言語をMauticで使うことが出来できます。
これは世界的なコミュニティであるという一つの証拠となります。
他のマーケティングソフトウェアと比較すると、世界的に有名なHubSpotでは5言語です。

Mauticは現在80,000社の導入数があるが、現在も増え続けており、あと少しで100,000社になります。
毎日、250社の会社がMauticを使っている。

全員が何か素晴らしい物の一員になることに共感を持っている。

  • 世界を変えるという情熱
  • 時間を作り上げる情熱

全ての人が重要になります。

皆さんに質問です。

何が一番重要だと思いますか?
何のソリューションに対して重要と思っていますか?

あなたの時間は一番大切です。
他の人を助けることで、価値があるものを得られると思います。
Mauticはタイムメーカーになることにフォーカスしています。
我々はソフトウェアを創造しているということにフォーカスしている。
作リ挙げられるコミュニティによって、生活を変えていきます。
みなさんと一緒なら時間を作って、みなさんと成長することができると信じています。
一緒に世界を変えていきましょう。

まとめ

 
とても有意義なイベントを参加することができました。
またいつか来日の機会があれば、是非参加したいです!

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Google+Email this to someoneBuffer this page